新しく登場した金融債権|電子記録債権を活用するメリットとは

起業家に最適のサービス

電話

外出中も電話をキャッチ

電話代行は、電話の応対に係るアウトソーシングサービスです。社員が出払っているなどしてオフィスにかかってきた電話に出られない時、サービス事業者に転送することで代理応答してもらえます。小規模事業者、特に1人起業家などによく利用されています。電話代行を手がけている事業者は数多く、サービスの内容も多種多様です。利用する際は、自分のニーズに合ったサービスを提供している事業者を選ぶようにします。電話代行の基本的なサービスは、かかってきた電話に依頼者名で応答する、用件を聞いて折り返しの連絡先を聴取する、通話内容を依頼者あてに報告するという3点で、どの事業者もほぼ変わりません。ただ、最後の報告については、営業日ごとにFAXでまとめて報告する、1件ごとに随時メールで連絡する、緊急時には電話で報告するなどいくつかのパターンがあります。緊急性の高い電話がどの程度多いかが、選定のポイントとなります。また、料金体系も比較のポイントになります。ほとんどの電話代行サービスがコール数に応じた定額制を採用していて、たとえば月間50コールまでならいくら、100コールまでならいくら、それを超過すると1コールにつきいくら、というプランになっています。このプランの種類ができるだけ多く、月ごとの変更がしやすい業者であれば、コストの無駄をなくすことができます。また、さまざまなオプションサービスを提供している業者もいます。依頼者のスケジュールを事前に登録して相手に伝えたり、内線感覚で依頼者の携帯電話に転送したりといったものがこれに当たります。よりきめ細かな対応を希望する場合は、こうした点もチェックしておくことが推奨されます。