新しく登場した金融債権|電子記録債権を活用するメリットとは

マーケティングの自動化

パソコンを操作する人

見込み客の損失を防ぐ

マーケティングオートメーションとは、見込み客を獲得して一元管理し、適切に育成を行って営業部門に渡すという、マーケティング作業を自動化するためのシステムです。営業からの見込み客や、セミナーやイベント開催、もしくは自社のWebサイトに訪れた見込み客をマーケティングオートメーションで管理し選別します。見込み客の属性や趣向、行動履歴などで、メール配信やキャンペーン案内などのマーケティング施策を自動実行することができます。見込み客に対して、どのタイミングでどのようなアプローチを行うかは、マーケティングオートメーション上であらかじめシナリオとして設定します。見込み客1人1人、もしくは1社1社に対して、全ての見込み客に人的コストや時間をかけて念入りなフォローを行うことは現実問題として難しい部分がありますが、マーケティングオートメーションを活用して自動化させれば、人的コストの削減が期待できます。セグメント管理により見込み客に優先順位をつけて、効率的に営業活動に展開させていくということも可能ですし、今すぐには売り上げにつながらないような潜在的な見込み客に対しても、定期的な見直してアプローチしていくなど、さまざまな切り口から活用できるのがマーケティングオートメーションの魅力でもあります。企業において、せっかく集めた見込み客をフォローしきれないまま消失させるということは、売上損失に繋がりますが、マーケティングオートメーションを上手に活用することで、見込み客全体の把握ができ、損失を防ぐことも期待できるでしょう。