新しく登場した金融債権|電子記録債権を活用するメリットとは

マーケティングの自動化

マーケティングオートメーションとは、見込み客の獲得、育成から、営業への橋渡しまでを自動化させるシステムです。イベントやセミナー、自社のWebサイトへの訪問などで獲得した見込み客に対して、あらかじめ設定したシナリオに沿って、メール配信やキャンペーン案内などのアプローチを自動で行うことができます。

新しい金融債権を活用

社内

割引の利便性

電子記録債権は手形にかわる新しい金融債権の形として、今後の急速な普及が期待されています。幅広い金融機関で取り扱われており、その柔軟性から中小企業でも導入が進んでいます。電子記録債権も通常の手形と同様に期日前の割引が可能で、裏書きは必要ありません。また一部だけを分割して譲渡できるなど、利便性の高さも特徴のひとつです。電子記録債権は銀行でも割引を受けられますが、一般に審査は厳しく、時間がかかることも少なくありません。これは割引というより融資に近く、依頼した会社の信用度が調査されるためと考えられます。反対に多くの割引業者では、債権を発行した会社の信用度が重視されるため、大手企業の発行した電子記録債権なら、スムーズに割引を受けることができます。電子記録債権の割引業者は数多くありますが、中には違法な業者も見られるので、まず金融業として正規の登録を受けているか確認することが大切です。免許や登録の有無については、金融庁のホームページからも確かめられます。もちろん割引率は低いほど有利ですが 、入金までの期間や審査の厳しさにも着目する必要があります。割引率が低くても審査に通らなかったり、時間がかかって資金繰りに間に合わなかったりしては、割引の意味がありません。数字だけを比較するのではなく、実用性を考えて業者を選ぶようにしましょう。また電子記録債権といえども、取り扱うのは人間ですから、実際に面談して信用できそうな相手か見極めるのもひとつの方法です。

ペーパーレスで管理

資源を減らすためにペーパーレスを促進する企業が増え、名刺管理もペーパーレス化する時代となりました。自動で名刺の内容をデータ化してくれ、かつ簡単に管理が出来ますので、いくつかのサービスを比較してみてはいかがでしょうか。

起業家に最適のサービス

電話代行は、オフィスあてにかかってきた電話を業者に転送して代理応答してもらうという、一種のアウトソーシングサービスです。月間コール数に応じた料金体系をとっているところが多く、さまざまなオプションも用意されているので、ニーズに合ったサービスが選べます。